あなたは大丈夫?オトコの曲がり角 実態調査

男性にとっての30代といえば、良くも悪くもターニングポイントと捉えている人は多いようです。20~40代の男性と20~30代の女性を対象にしたアンケートをもとに、「男の曲がり角」について考えてみましょう!

Q.「男の曲がり角」はいつから?どんなとき?

ビジネスマンの考える「男の曲がり角」は34.7歳。

20~49歳の男性に「男の曲がり角」は何歳だと思うかアンケートしました。その結果、体力、外見、内面ともに30代。総合では34.7歳という結果が出ました。同様のアンケートをOLでも実施したところこちらは36.7歳でした。いずれにしても男の30代は何かが変わる時期であることは確かなようです。

Q. どんなときに「曲がり角」を感じる?

体力面では「疲れやすくなった」「回復しにくくなった」。外見では「おなかが出てくる」「髪の毛が薄くなってくる」。内面では「守りに入る」といったポイントをあげた方が多いようです。

Q. 女性は、男性ビジネスマンをどう見ている?

「男性社員は男を磨いていない」と思うOLは7割以上

女性300人に調査したところ、男性社員が男を磨いていないと思う割合はなんと7割以上。男を磨いていると思う場面は、「スーツやネクタイに気を使っている」「新聞を読んだり、日々の勉強の努力を惜しまない」という一方、磨いてないなと思う場面は、「シャツや衿がくたくた」「寝癖がある」「清潔感がなく諦めている感じ」「残業した翌日は髪がギットリ」という意見がありました。

Q.「男は30代から」と答えたOLは約9割

男女それぞれに「男が一番格好よく見える年齢」を聞いたところ、男性・女性ともに33歳という結果がでました。30代という曲がり角の過ごし方で、もっともカッコいい年代になるか、「男を磨いていない。」という烙印を押されるかが決まってきそうです。

Q. 判断ポイントは「おなか」「髪の毛」「身だしなみ」

女性が男性を老けていると思う判断ポイントを聞いたところ、「おなかが出ている」「身だしなみに気を使っていない」「髪の毛の量が少ない」といった項目が上位になりました。男性も30代になると気をつけないといけないことばかり。「身だしなみ」おろそかにしていませんか?

Q.「磨かれた男」の条件は?やはり「身だしなみ」が上位

それでは磨かれた男の条件は?というとやはり「身だしなみがきちんとしている」や「清潔感がある」が上位。「仕事ができる」や「知識が豊富」はなかなか一朝一夕では難しいですが、「身だしなみ」なら心がけ一つで今日からでもできますね。

Q.「曲がり角」に負けない男になるためには!?

多くの方が男性の30代は「曲がり角」であると感じているようです。また、外見で気になることの「おなか」「髪の毛」「身だしなみ」「清潔感」も多くの方が認識をしているものの、いざ実行となると、働きざかりでもある30代ビジネスマンはなかなか難しいようです。

Q. 曲がり角で、男がやるべきこと

一方で、身だしなみをきちっとした30代男性は、他の年代よりもより魅力的に輝くということも多くの女性が思っているところ。少しずつのケアで周りの視線もさることながら、ビジネスマンとしての自信や魅力にもつながるのではないでしょうか?
「磨かれた男」の条件である「身だしなみ」「清潔感」を向上させるために、まずは頭皮のケアから始めてみるのはいかがでしょう?