頭皮ケアの基礎知識

タイプによって異なる
フケ対策

フケ対策をしているつもりでも、逆にフケが増えてしまったということはありませんか。
それは、自分のフケに合った頭皮ケアをしていないからかもしれません。フケは、タイプによって対策方法が異なります。
ここでは、フケのタイプと、タイプ別の対策法を紹介します。

フケの2つのタイプ

フケは誰でも同じではなく、大きく2つのタイプに分けることができます。それぞれの特徴を紹介します。

●乾性フケ
頭皮が乾燥しすぎことで発生するフケです。乾いていて細かく、軽いのが特徴で、頭をかくとパラパラと落ちて肩に積もります。気がつくと肩が白くなっているという方は、乾性フケタイプの可能性が高いでしょう。頭皮が乾燥する原因には、シャンプーのし過ぎのほか、シャンプー剤や整髪料によって頭皮が刺激されることなどがあります。

●脂性フケ
ベタベタと湿り気のある脂っぽいフケで、髪の毛にくっつき落ちてきにくいのが特徴です。頭皮の皮脂が多くあり過ぎることで発生します。原因は、ホルモンバランスや食生活の乱れ、ストレスのほか、何日もシャンプーしていなかったり、逆に洗いすぎていたりすることがあります。

タイプ別のフケ対策

パサパサする乾性フケとベタベタする脂性フケ、どれぞれどのような対策が有効なのでしょうか。

●乾性フケ
乾性フケの大きな原因となるのが頭皮の洗いすぎによる皮脂不足。フケが気になるとつい念入りにシャンプーをしてしまいがちですが、過剰にシャンプーしてしまうと、必要な皮脂まで洗い落としてしまったり、頭皮の角質層を傷つけたりして、頭皮の水分保持力を低下させてしまいます。シャンプーは1日1回にしましょう。どうしても1回以上洗いたい場合は、シャンプー剤を使わず、汚れや汗をすすぐだけにとどめます。

洗う際は、爪を立てたり、力を入れてゴシゴシこすったりすることは避けましょう。皮脂を剥がしすぎてしまう原因になります。洗髪後、ローションやオイルなどで頭皮を保湿することも忘れないようにしましょう。

●脂性フケ
脂性フケは、何日もシャンプーしていなかったり、うまく洗えていなかったりする場合に発生しやすいと言えます。そのため、不潔にしないことと、正しい方法でのシャンプーが大切になります。正しいシャンプーの方法について、詳しくは『フケを防ぐためのシャンプー方法』をご覧ください。
また、動物性脂質をたくさんとると皮脂の分泌量が増えて脂性フケが発生しやすくなるので、ふだんの食生活も見直しましょう。

間違った対策をとると、症状が悪化してフケが余計に出てしまうこともあります。自分のフケのタイプを見極めてから、症状に合った効果的な対策を行いましょう。

<監修> スキンケア大学

スキンケア大学とは?

「お肌のことを考える=私の暮らしを考える」という考えのもと、ドクターやビューティーアドバイザー、
管理栄養士などの専門家が監修・執筆した情報をお届けするメディアです。

スキンケア大学 (http://www.skincare-univ.com/)