頭皮ケアの基礎知識

頭皮環境を整えるための
頭皮ケア

フケやニオイといった頭皮のトラブルは、頭皮環境の悪化によって引き起こされます。では、そもそも正常な頭皮環境とはどのようなもので、それが悪化する原因とはなんでしょうか?
頭皮環境についての解説と、それにともなった正しいケア方法をご紹介します。

そもそも頭皮環境ってなに?

頭皮環境とは、読んで字のごとく「頭皮の環境」のこと。フケやかゆみ、過剰なニオイのない清潔な状態を指して「正常な頭皮環境」「頭皮環境が整っている」と言い、その逆を指して「頭皮環境が悪化している」と言います。

正常な場合、人の頭皮は28日周期でターンオーバーを繰り返しています。最初の14日間で表皮の真下にある肌細胞が角質細胞に成長し、次の14日間で垢となって剥がれ落ちるのです。この垢が、いわゆるフケと呼ばれるものですが、このような通常のサイクルで剥がれ落ちたものは目に見えないほど小さいため、フケと認識されることはありません。しかし、なんらかの原因によりターンオーバー周期が早まると、角質細胞は未熟なまま大きく剥がれ落ちてしまいます。これが、いわゆる我々が言うフケです。

角質細胞が未熟なまま剥がれ落ちるということは、通常であれば剥がれることのない必要な角質細胞まで取れてしまうということ。すると、頭皮のバリア機能が低下するため、外部からの影響を受けやすくなり、また、肌内部の潤いも逃げやすくなります。これにより乾燥が進み、頭皮のかゆみが引き起こされます。

また、乾燥は皮脂の過剰分泌も引き起こします。それは、頭皮を保護して乾燥によるトラブルを防ごうと、肌が皮脂をより多く分泌するためです。皮脂が過剰に分泌されると、頭皮の常在菌であるマラセチア菌がこれをエサにして繁殖し、脂肪酸を排出します。これが、頭皮のニオイの原因となります。また、皮脂が汗と混ざり酸化することでも、ニオイは発生します。

頭皮ケアのポイント

頭皮ケアのポイントとしてもっとも大切なのが、毎日使うシャンプー剤選びです。かゆみやフケを防ぐ有効成分「オクトロピックス」、皮脂を除去する「モノラウリン酸ポリグリセリル」などが配合されているものであれば、それらの悩みの解消にもつながります。

もうひとつのポイントが、洗髪方法です。まず、洗髪は1日1回。過度のシャンプーは必要な皮脂まで洗い落としてしまうため、皮脂の過剰分泌の原因となります。洗う際は、爪を立ててゴシゴシこすらず、指の腹を使ってやさしく洗いましょう。頭皮洗浄用の専用ブラシを使うのもいいですね。毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れを、頭皮を傷つけることなくやさしくかき出してくれます。シャンプー後は、髪の毛を保護するコンディショナーを使ってもよいでしょう。

また、頭皮は体中でもっとも空に近いため、紫外線の影響を受けやすい部位でもあります。紫外線のダメージは頭皮の乾燥を引き起こす原因となるので、外出の際は帽子をかぶる、スプレー状の日焼け止めを使用するなど、対策を施しましょう。

毎日の効果的なケアで清潔な頭皮を保ちましょう。

<監修> スキンケア大学

スキンケア大学とは?

「お肌のことを考える=私の暮らしを考える」という考えのもと、ドクターやビューティーアドバイザー、
管理栄養士などの専門家が監修・執筆した情報をお届けするメディアです。

スキンケア大学 (http://www.skincare-univ.com/)